SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

金持ち父さんになろう日記

金持ち父さんになろう(http://rich-manual.com/)管理人の、金持ちになるために読んだ本の書評や、株式投資・外為投資・アフィリエイトに関する日記です。
ほぼ確実に世界の経済成長があなたの財産に変わる最も賢いETF海外投資法(北村 慶)
0


    長いタイトルの本ですが、おすすめです。

    この本は、ETFを使用しての投資方法について具体的に書かれた本です。

    最近、ETF投資という言葉をよく聞くようになりました。
    ETFのメリットも随所で紹介されています。

    しかし、具体的にどの銘柄をどのような配分で投資すればよいのか、ということをこの本ほど具体的に、詳しく書いてある本は少ないです。

    ETF初心者の人には、いきなり難しいかもしれません。
    しかし、ETFのことを少し知って、それではこれからETF投資を始めよう、という方には、少し難しいかもしれませんが、読んでみてはと思います。

    特に、海外ETF投資については、具体的な取り扱い証券会社や、その手数料なども書かれております。

    また、最低購入単位の高いETFについてのリレー投資法も書かれています。

    ETF投資をされる方なら、ぜひ読んで理解しておきたい本だと思います。

    ¥1,400の元はすぐに取れると思います。

    ★こんな人におすすめ
    ・ETF投資を始めたいが、どの銘柄をどのように買っていけばよいか知りたい方

    ★私の感想
    ・役に立った      ◎
    ・また読み直したい   ○
    ・手元に置いておきたい △

    アマゾンで「ほぼ確実に世界の経済成長があなたの財産に変わる最も賢いETF海外投資法」の感想を読む
    | ETF投資の本 | 23:36 | comments(0) | - | - | - |
    プロ相場師の思考術(高田智也)
    0
      プロ相場師の思考術(高田智也)



      随分久しくブログに書評を書きます。

      この間、全く本を読んでいなかったのかというと、逆で、たくさんの本を読みました。
      投資に関する本を中心に、50冊は読んだと思います。

      しかし、あまり「これは!」という本もなかったこともあり、ブログにも書きませんでした。

      そして、久しぶりに「これはブログに残しておこう」と思った本がこれです。

      相場で生計を立てている著者の高田智也さんの辛口なコメントがある本です。

      本当に相場で生計を立てていない、多くの相場本を書いている人のことについても触れられています。

      それはともかく、本当に相場で生計を立てている人の考えなどが参考になりました。

      ★こんな人におすすめ
      ・相場で生計を立てることを目指している方

      ★私の感想
      ・役に立った      ◎
      ・また読み直したい   ○
      ・手元に置いておきたい △

      アマゾンで「プロ相場師の思考術 (PHP新書)」の感想を読む

      そして、この本でのお薦めの七冊はこれです。
      読んでいきたいと思います。

      1.上達の法則(岡本浩一)PHP新書


      2.ツキの法則(谷岡一郎)PHP新書


      3.チャートの救急箱(伊藤智洋)投資レーダー


      4.カプランのオプション売買戦略(デビッド・L・カプラン、増田訳)パンローリング


      5.文系人間のための金融工学の本(土方薫)日経ビジネス人文庫


      6.金融工学マネーゲームの魔術(吉本)講談社プラスα新書


      7.ゾーン 相場心理学入門(マーク・ダグラス)パンローリング

      | - | 12:20 | comments(0) | - | - | - |
      スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学(吉本 佳生)
      0


        最近、どんな本だろうと思わせるタイトルをつけることが流行っているようです。
        この本もそんな一冊です。

        内容も、他の本にあるような同じようなものだと思い読んでみたところ、そうではないことが前書きを読んでいて感じました。

        本文を読むと、この本はかなり本格的な本だと分かりました。

        とにかく、いろんな側面からコストを考えた本です。
        同じものが、違う価格で売られていること、そしてそれを買う人、手間(コスト)に注目して、解説されています。

        目次は
        第一章 ペットボトルのお茶はコンビニとスーパーのどちらで買うべきか?
        第二章 テレビやデジカメの価格がだんだん安くなるのはなぜか?
        第三章 大ヒット映画のDVD価格がどんどん下がるのはなぜか?
        第四章 携帯電話の料金はなぜ、やたらに複雑なのか?
        第五章 スターバックスではどのサイズのコーヒーを買うべきか?
        第六章 100円ショップの安さの秘密は何か?
        第七章 経済格差が、現実にはなかなか是正できないのはなぜか?
        第八章 子どもの医療費の無料化は、本当に子育て支援になるか?
        です。

        経済学の教科書までは行きませんが、一般書にしてはなかなか本格的に考え、掘り下げた本です。

        ★こんな人におすすめ
        ・経済学の裏を知りたい方

        ★私の感想
        ・役に立った      ○
        ・また読み直したい   ○
        ・手元に置いておきたい △

        アマゾンで「スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学」の感想を読む

        金持ち父さんになろう
        ↑管理人の運営するサイトです


        | - | 00:03 | comments(0) | - | - | - |
        FXで月100万円儲ける私の方法(鳥居 万友美)
        0


          タイトルは、本当にそんなおいしい話があるの?というものです。

          最近はFXの本をあまり読むことがなく、久しぶりに気分転換にと思い読んだ本です。

          目次は
          序章 「子育てママ」がFXを始めた理由
          第一章 FXは決して怖くない。むしろ女性向きの投資です
          第二章 難しそうな「取引」も、こうして始めれば大丈夫!
          第三章 元手100万円で月100万円稼ぐ、5つの必勝ステップ
          第四章 損する人、失敗する人には共通点がある
          第五章 会社選び、気の合う仲間との交流も勝ち続けるための鍵
          第六章 何より大事なのは、自分にあった投資手法を見つけること
          です。

          なかでも、FXを始める前のトレーニングとして、10日間のメニューを書いてあるのが良いです。

          最低10日間はデモトレードで始めてみようということで、これでうまくいけば儲かるのではと思わせてくれます。

          デモトレードなので、失敗しても損することはありません。
          気に入った会社でデモトレードしてみてからでも良いと思います。

          著者のお薦めの会社は「FXCMジャパン」です。

          ここは、
          ・取引手数料無料
          ・全通貨ペア一律2万円の証拠金で1万通貨単位取引可能
          ・低スプレッド(円/USDが、1.9)
          ・信託保全は、みずほ信託銀行
          です。

          デモトレードもできますので、私も挑戦してみようかという気にさせられました。

          ★こんな人におすすめ
          ・FXで儲けて豊かな暮らしをしたい方
          ・具体的にどのようにFXのトレーニングをしたらよいか知りたい方

          ★私の感想
          ・役に立った      ○
          ・また読み直したい   ○
          ・手元に置いておきたい △

          アマゾンで「FXで月100万円儲ける私の方法」の感想を読む

          金持ち父さんになろう
          ↑管理人の運営するサイトです


          | 外為投資の本 | 22:45 | comments(0) | - | - | - |
          世界金融経済の「支配者」―その七つの謎(東谷 暁)
          0


            世界金融経済の「支配者」は誰か?
            ユダヤ人、フリーメーソンなどの秘密結社、ロスチャイルド家からロックフェラー家まで多くの説が「陰謀」と共に語られてきました。

            しかし現実はそんなに単純ではありません。
            各国の政治と経済の利害が複雑に絡み合っています。

            謎を解く鍵は「証券化」にあります。
            あらゆる資産(債務や不動産や事業)が証券化されて、リアルな世界から切り離され、取引されているのが現在の世界経済です。

            その象徴がファンドマネーやM&Aです。

            この本は、金融が経済を支配している世界のカラクリを、歴史をふまえて解いていく本です。

            目次は
            プロローグ いま、世界経済では何が起こっているのか
            第一章 M&Aは、世界経済を効率的に改造するのか
            第二章 世界金融を支配しているのは、本当にユダヤ人か
            第三章 中央銀行という「世にも不思議な物語」
            第四章 グリーンスパン前FRB議長は「神様」だったのか
            第五章 アングロ・サクソン型経済は無敵なのか
            第六章 中国経済は、アングロ・サクソン経済を圧倒するのか
            第七章 基軸通貨が下落するのはいつか
            エピローグ 「運命の日」以後の日本経済
            です。

            ★こんな人におすすめ
            ・世界金融の流れ、これからを知りたい方

            ★私の感想
            ・役に立った      △
            ・また読み直したい   △
            ・手元に置いておきたい △

            アマゾンで「世界金融経済の「支配者」―その七つの謎 (祥伝社新書 66)」の感想を読む

            金持ち父さんになろう
            ↑管理人の運営するサイトです


            | - | 22:11 | comments(0) | - | - | - |