SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

金持ち父さんになろう日記

金持ち父さんになろう(http://rich-manual.com/)管理人の、金持ちになるために読んだ本の書評や、株式投資・外為投資・アフィリエイトに関する日記です。
<< 投資の王道―株式市場のテクニカル分析(新井 邦宏) | main | 暴かれた9.11疑惑の真相(ベンジャミン フルフォード) >>
株式成功実践論―勝者への道標(林 輝太郎, 板垣 浩)
0


    ゲーム理論的にいえば、トランプ・ゲームより単純なマネー・ゲームがなぜむずかしいのか。
    という書き出しで始まるこの本は、「無知・無能なものは敗者になる」のみと書かれています。

    では、勝者になるために「有知・有能な者」になるためにはどうしたらよいのでしょうか。

    有知=知識のある者です。
    有能=能力のある者です。

    しかし、過去の例にノーベル賞を受賞した学者がヘッジファンドを運営していたことがあります。
    彼らは非常に知識があるといえます。
    また能力も高い者があったのでしょう。

    ところが、そんな「有知・有能な者」でも相場には勝てないこともあるのです。

    そこで、どのようにすれば株式相場で儲けることができるのかが書かれた本です。

    目次は
    第一章 「株式売買」の基本的なこと
    第二章 株式取引をめぐる環境
    第三章 情報と資料
    第四章 勉強と上達
    です。

    この本では、勝つために
    「場帳、玉帳、資料を徹底的に作る。」
    そして、鍛錬することが重要だと書かれています。

    この本も、最近の軽薄な株式投資本(誰でも○億円勝てる)とは、正反対のストイックな株式投資の本です。

    今は便利な世の中で、株価を知ろうと思えば、インターネットにつなぎさえすれば簡単に分かります。
    しかし、それでは株式投資は勝てないと断じています。

    知識をスキルにするために、何が大切か、何をすべきかが丁寧に繰り返し書かれている本です。

    ★こんな人におすすめ
    ・簡単に株式投資で儲かるわけがないと思っている方
    ・株式投資の正攻法を学びたい方

    ★私の感想
    ・役に立った      ○
    ・また読み直したい   △
    ・手元に置いておきたい △

    アマゾンで「株式成功実践論―勝者への道標」の感想を読む

    金持ち父さんになろう
    ↑管理人の運営するサイトです


    | 株式投資の本 | 00:06 | comments(0) | - | - | - |