SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

金持ち父さんになろう日記

金持ち父さんになろう(http://rich-manual.com/)管理人の、金持ちになるために読んだ本の書評や、株式投資・外為投資・アフィリエイトに関する日記です。
<< 外資の常識(藤巻 健史) | main | マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール(マックス・ギュンター,林 康史,石川 由美子) >>
マネーはこう動く―知識ゼロでわかる実践・経済学(藤巻 健史)
0


    東京史上屈指のディーラーとして世界に名をとどろかせ「伝説のディーラー」と呼ばれていた、元JPモルガン銀行東京支店長の藤巻 健史さんの本です。

    目次は次の通りです。
    1章 マネーはもうジャブジャブだ
    2章 マネーはどこに消えたのか?
    3章 経済政策には何があるか?
    4章 日本の財政はいかに悪いか
    5章 長期金利は今後上がるか下がるか?
    6章 為替はどうなるか?
    7章 不動産マーケット
    8章 株のマーケット
    9章 いま世界経済はどうなっているのか?
    10章 今後の日本はどうなるか?

    円安+不動産高騰の藤巻さんが、世界と日本のマネーについてこれまで、現在、これからを予測した本です。

    当たり前のように使われている用語についても、藤巻さんの見解や誤解の解説などをされているところが新鮮です。
    例えば、「ヘッジファンドがキャリートレードをしている」という点について、銀行は危なかしいヘッジファンドにはお金を貸すことがない、とか、ヘッジファンドがしているのはキャリートレーではなく為替の先物だとか、なるほど新聞や雑誌を読んでいて当たり前のように思っていたことが、中身は誤りだった、というのがよくわかります。

    また、金利と為替と株価と債権の関係など、理論的でありながらも読みやすいと思います。

    この本は、光文社の会議室で三日間にわたって藤巻さんが講義をおこない、その内容をもとにまとめたとのことです。
    そしてこの講義には、藤巻さんの長男も受けていたとのことです。
    この本の付録として、長男健太さんの質問があり、これが実践的でためになります。
    質問は
    1.ユーロの固定相場制
    2.イールドカーブはなぜ普通右上がりなのか
    3.日銀が国債を買ってきたのは自分自身で、自分の負債を買ったのか
    4.日本が円安と思ったときの政府の手段は
    5.人民元が安いのはなぜ
    6.デフレとインフレはどちらがいいの
    というものです。

    この質問に、藤巻さんが回答しており、講義の雰囲気が良くわかります。

    普段疑問に思っていることが解消される良い本だと思います。
    しかし、藤巻さん自身も、投資は自己責任でと書かれており、この本を全く信じるのではく、それを元に自分の方針を決めるために参考にすればと思います。

    ★こんな人におすすめ
    ・これからのマネーの動向を知りたい方
    ・藤巻さんファンの方

    ★私の感想
    ・役に立った      ○
    ・また読み直したい   ○
    ・手元に置いておきたい △

    アマゾンで「マネーはこう動く―知識ゼロでわかる実践・経済学」の感想を読む

    金持ち父さんになろう
    ↑管理人の運営するサイトです


    | - | 23:46 | comments(0) | - | - | - |