SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

金持ち父さんになろう日記

金持ち父さんになろう(http://rich-manual.com/)管理人の、金持ちになるために読んだ本の書評や、株式投資・外為投資・アフィリエイトに関する日記です。
<< 澤上篤人のあなたのための投信集中講義(澤上 篤人) | main | ヤクザ・リセッション さらに失われる10年(ベンジャミン・フルフォード) >>
真っ当な株式投資(板倉 雄一郎)
0


    ここ最近は投資信託の本を読んでいましたが、少し趣向を変えてこの本を読みました。

    第1章 「投資」とは何か
    第2章 「価値」とは何か
    第3章 株式投資は人への投資
    第4章 「デイトレード」の何が問題なのか
    第5章 「投資」と「時間」の関係について
    第6章 レバレッジについて
    第7章 分散投資について
    第8章 自分を信じるということ
    終章 豊かな未来を実現のために

    この本は、著者も書かれているように、世に溢れる株式投資の本とは一線を画しています。

    「手っ取り早い株式投資」ではなく「真っ当な株式投資」について書かれています。

    株式投資の考え方も丁寧に書かれています。

    特に、「デイトレード」の何が問題なのか、については論理的にわかりやすく説明されています。

    ・社会への価値提供がないこと
    ・ゼロサムゲームであること
    ・そもそも損をする可能性が大きいこと

    と、その問題が書かれています。

    書店に行けば、たくさんの「デイトレード」に関する本が並んでいます。
    いかにも簡単に、楽に儲けられそうなタイトルがつけられています。

    しかし、そう簡単に儲かるはずはないでしょう。
    ごく一部の人が儲けているかもしれませんが、誰かが損をして誰かがそれを利益にしていると考えれば、わかりやすいと思います。
    そして、一番も受けているのは間違いなく、手数料を受け取る証券会社でしょう。

    このように、真っ当な株式投資はどのようなものか、颯でない投資はどんなものかを書かれています。

    そんなに株式投資は甘いものではないと私も思います。
    株式投資にのめり込みすぎたかなと思っている方は読んでみるとまた違った発見があるかもしれません。

    真っ当な株式投資で、リスクとリターンをコントロールしていきたいものです。

    ★こんな人におすすめ
    ・「手っ取り早い株式投資」があるか知りたい方
    ・自分のリスクとリターンをコントロールした考え方を身につけたい方

    ★私の感想
    ・役に立った      ○
    ・また読み直したい   △
    ・手元に置いておきたい △

    アマゾンで「真っ当な株式投資 (NB Online book)」の感想を読む

    金持ち父さんになろう
    ↑管理人の運営するサイトです


    | 株式投資の本 | 00:47 | comments(0) | - | - | - |