SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

金持ち父さんになろう日記

金持ち父さんになろう(http://rich-manual.com/)管理人の、金持ちになるために読んだ本の書評や、株式投資・外為投資・アフィリエイトに関する日記です。
<< 僕と株と樹海の日々(まりお、中原 圭介) | main | 投資信託にだまされるな!?本当に正しい投信の使い方(竹川 美奈子) >>
投信売却二つの方法(買取請求と解約請求)
0
    先日、マネックス証券の、「トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド」から、楽天証券の海外ETFに乗り換えようと思い、「トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド」を売りました。

    その際、「買取請求」と「解約請求」どちらにするか、と画面にあり、その違いについてわからなかったので調べたました。

    ★買取請求
    ・株式譲渡所得として課税(申告分離)→特定口座は源泉徴収されるが、一般講座は源泉徴収されない。
    ・税率 10%
    ・確定申告 自分でおこなう(特定口座の場合は源泉徴収)
    ・上場株式等や株式投信との損益通算 利益損失ともできる
    ・損失の繰越 申告すれば3年間の繰越控除ができる

    ★解約請求
    ・配当所得として課税(源泉徴収)
    ・税率 10%
    ・確定申告 不要
    ・上場株式等や株式投信との損益通算 利益はできない、損失はできる
    ・損失の繰越 申告すれば3年間の繰越控除ができる

    ということです。

    「買取請求」のほうが、源泉徴収されず、上場株式等や株式投信との損益通算もできますので、私はこちらを選びました。

    自分で確定申告のことを考えたりすることが面倒な人は、特定口座を利用した方がよいですが、コストや税金を少しでも有利に考えたい、という方には一般口座がおすすめです。

    これまで投信を売ることはなかったので今回初めてのことで、勉強になりました。

    金持ち父さんになろう
    ↑管理人の運営するサイトです


    | - | 00:37 | comments(0) | - | - | - |